鎌ヶ谷市の歯医者、みつはし歯科医院のインプラント・義歯治療のご案内です。

047-439-8241

  • 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大

歯を失ってお困りの方 インプラント・義歯

失ってしまった歯を取り戻すには……

虫歯や歯周病、外傷などが原因で、歯を失ってしまうことがあります。失ってしまった状態を放置しておくと、歯並びや噛み合わせなどに不具合が生じるといった周囲の歯へ悪影響が及ぶことがありますので、適切な処置が必要です。

歯が抜けてしまった場合の治療としては、インプラント・入れ歯・ブリッジ3つの方法があります。当院では患者様お一人おひとりの症状やご要望に合わせて、もっとも適した治療法をご提供いたします。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラント

インプラント

歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療法です。生体親和性の高いチタン製の人工歯根が顎の骨としっかり結合し、天然歯に近い噛み心地と美しい見た目が得られます。健康保険の適用外の治療になるため、治療費は比較的高額になります。

入れ歯

入れ歯

失った歯の本数に応じて、部分入れ歯・総入れ歯を選択します。保険が適用できるものもあるため治療費が比較的安価で済み、治療期間が短く外科手術の必要もありません。他の治療法に比べ「噛みにくい」「違和感が強い」「見た目がよくない」というデメリットもありますが、最近では機能性・審美性に優れた入れ歯もあります。

ブリッジ

ブリッジ

抜けてしまった歯の両隣の歯を削ってそこに連結した被せ物を取り付ける治療方法です。違和感が少なく、優れた噛み心地が得られますが、土台となる周囲の歯に負担がかかるというデメリットがあります。

みつはし歯科医院のインプラント治療

当院では、年間1,000件以上のインプラント治療実績があります。このような豊富な実績があるため、さまざまな症例に的確に対応できます。インプラント治療については、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

静脈内鎮静法 インプラント治療には、外科手術が伴うため麻酔が必要です。当院では、鎮静剤を腕に点滴で投与し、半分眠っているけれど意識が完全になくならない「静脈内鎮静法」を採用しています。静脈内鎮静法は、治療中の不安や緊張を軽くし、歯科に対する恐怖心を軽減する方法です。
歯科用CT

歯科用CT

安全で精度の高いインプラント治療を行うため、「歯科用CT」による検査を導入しています。歯科用CTは顎の骨の形態や神経の位置、骨密度などを立体的な情報として取得できるため、より精度の高い治療が可能になります。

インプラント治療のQ&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?

残念ながらインプラントは誰もが受けられる治療法ではありません。年齢や健康状態、顎の骨やお口の中の状態などにより、治療できない場合があります。以下のような方は、治療をお断りすることがあります。

  • 15歳以下の方
  • 骨粗しょう症の方
  • 糖尿病の方(コントロールできている方を除く)
  • 高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病(軽度の方を除く)の方
  • 貧血など血液疾患の方(軽度の方を除く)
  • 顎の骨がやせている方
  • 顎の骨の質が悪い方
  • お口のお手入れがよくない方、できない方
  • 歯周病の方(治癒後には治療が可能です)
  • 噛み合わせが悪い方
  • ヘビースモーカーの方

インプラントはどのくらいもちますか?

多くの場合、インプラントの寿命は顎の骨、噛み合わせ、またお口の中のお手入れの状態などによって異なります。きちんとメインテンスを行えば90%以上の方が10年以上ご使用できますので、定期検診をきちんと受けるようにしましょう。

インプラント治療は大変ですか?

治療には外科手術が必要ですが、手術自体は1時間程度(埋入する本数により異なる)で、麻酔下で行うため痛みも感じません。また、治療期間は症状などによって異なりますが、おおよそ3~6ヶ月くらいが目安です。症例によって通院回数は変わりますが、数回で済む場合がほとんどです。

インプラントの具合が悪くなったらどうしたらよいですか?

インプラントを除去することがほとんどです。インプラントの除去は、多くの場合「自分の歯」を抜くのと同程度の処置で済みます。とはいえ、インプラントが悪くならないように定期検診を受けることと、日常のメインテナンスが大切です。

インプラント治療は健康保険が適用できますか?

インプラント治療は健康保険の対象外になり、すべて自由診療(自費診療)となります。治療費につきましては、担当医師にご相談ください。

症例紹介

奥歯2本を虫歯により抜歯(53歳・男性)

両端の歯がなくてブリッジ治療ができない方(右下顎奥歯3本)(43歳・女性)

入れ歯の安定が悪い方(無歯顎のため応用例)(60歳・男性)

自転車で転倒し前歯4本を抜去(上顎前歯部) (17歳・女性)

サイナスリフト後のインプラント治療例(62歳・男性)

残根除去後ソケットリフトを行いインプラント治療(62歳・女性)

  • ページの先頭に戻る

他院でインプラントを行った方の再治療について

他院にてインプラント治療を行った患者様が、当院にて再治療を望まれるケースがあります。
ご不安な方はお気軽にご相談ください。

CASE1

case1_01

他院にてインプラント埋入したが調子が悪いとご来院。

case1_02

インプラント除去後、薄くなっていた骨の増成を行いました。

case1_03

インプラントの再埋入を行いました。

CASE2

case2_01

昔に他院で行ったインプラントに違和感があるとご来院。

case2_02

インプラントを除去し、インプラントを再埋入。

case2_03

みつはし歯科医院の入れ歯治療

入れ歯による治療は、ほとんどすべての方に対応できます。また、健康保険が適用されるものもあるので、インプラントなどに比べるとかなり安価に治療でき、治療期間が短く済むという特徴があります。

当院では、患者様のお口の状態やご要望を十分考慮し、ご納得いただける入れ歯をおつくりします。現在お使いの入れ歯についてお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

特殊な方法による吸着義歯

吸着義歯MOVIE

Dr.三輪 恭啓作成
普通に引っ張っても取れない、
取り外しが出来る入れ歯です

下あごの総入れ歯は、『外れやすい』という悩みを持つが患者様が多くいらっしゃいます。
当院では、独自の方法を使い作成することで、より外れにくく、美味しくお食事して頂ける総入れ歯を作っています。
入れ歯でお悩みの方は、よろしければ一度ご来院下さい。

当院で取り扱う入れ歯について

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用の樹脂(レジン)を素材にした、一般的な入れ歯です。作製期間が短く済み、保険が適用できるため他の入れ歯に比べて費用を抑えることができます。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに当たる床部分に金属を使用した入れ歯です。金属にはコバルトやチタン、ゴールドなどがあります。

コバルト 床を薄く加工できるため装着時の違和感が少なく、耐久性にも優れています。
チタン 軽量で、生体親和性が高いために金属アレルギーのリスクが少ないという特徴を持ちます。
ゴールド コバルトよりも熱伝導率に優れ、生体親和性も高いので金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しない入れ歯です。歯ぐきと同じピンク色の素材が使用できるので自然な見た目が得られ、装着時の違和感も少ないという特徴があります。

入れ歯のお手入れとメインテナンス

入れ歯を常に清潔に保つことは、お口の健康を維持していくためにもとても重要です。毎日のセルフケアとともに、定期的に歯科医院でメインテンスを受けましょう。

日常のセルフケア

毎日のお手入れを忘れずに 快適に使い続けるためにも、日頃のお手入れを欠かさないようにしましょう。
義歯用ブラシで磨きましょう

義歯用ブラシで磨きましょう

普通の歯ブラシではなく、義歯専用のブラシで磨くようにしましょう。

丁寧に取り扱いましょう 落としたり、衝撃を与えたりすると変形や破損を起こしてしまうことがあります。優しく丁寧に取り扱いましょう。
乾燥に気を付けましょう

乾燥に気を付けましょう

保管するときは、乾燥させないように必ず水や洗浄液などつけておきましょう。

歯科医院でのプロケア

定期検診を受けましょう 常にお口の状態に合った入れ歯を使えるよう、当院では定期的にメインテナンスを受けられることを推奨しています。
定期検診についてはこちらをご覧ください
歯科医師に相談しましょう 就寝時に装着するかどうかなどは、患者様によって異なります。不明な点があれば医師に相談しましょう。