鎌ヶ谷市馬込沢の歯医者、みつはし歯科医院の一般歯科のご案内です。

047-439-8241

  • 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大

歯が痛い・しみる 一般歯科

虫歯は早期発見・早期治療が何より大切です

多くの方が経験したことがあると思われる虫歯ですが、虫歯についてくわしく知っている方は少ないのではないでしょうか。虫歯は、次のようなプロセスで徐々に進行していきます。

1) 虫歯菌に感染する(おもに幼少期)
2) 虫歯菌が食べものに含まれる糖を栄養源として増殖する
3) 虫歯菌が酸を生成し歯の表面を溶かして虫歯を発症させる
4) 酸によって徐々に歯の内部まで溶かされて虫歯が進行していく

このように、直接の原因は虫歯菌ですが、毎日しっかりとブラッシングしているのにいつの間にか虫歯になってしまう人、特にお口のケアにこだわっていないにも関わらず虫歯にならない人がいます。なぜかというと、歯並びやだ液の量、歯質、食生活やブラッシングの習慣などは人それぞれで異なり、それによって虫歯リスクが異なるのです。

歯並び

歯並び

歯並びが悪いとブラッシングがしづらくなり、虫歯を招きやすい口腔内環境になります。

だ液の量

だ液の量

だ液には、虫歯菌を洗い流すはたらきや、再石灰化を促すはたらきがあります。

歯質

歯質

歯質が弱いと、酸に弱く虫歯になりやすくなります。

食生活

食生活

糖分を多く含む甘いものを多く摂る食生活だと、虫歯になりやすくなります。

ブラッシングの習慣

ブラッシングの習慣

食後30分で虫歯菌が活性化するため、食後からブラッシングまでの時間が長いと虫歯になりやすいです。

一度虫歯になってしまうと、自然に治癒することはまずありません。早期に発見し、治療を受けることが大切なのはもちろんですが、虫歯になるメカニズムを知ることで予防をきちんと行うことも重要なのです。

虫歯の進行段階と治療法

※下のボタンをクリックすると、詳細が表示されます。

  • C0
  • 軽度歯周炎
  • 中度歯周炎
  • 重度歯周炎
  • 重度歯周炎
進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
進行段階 症状 治療法

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
進行段階 症状 治療法

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
進行段階 症状 治療法

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
進行段階 症状 治療法

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
  • ページの先頭に戻る

重度の虫歯の治療には…… -根管治療-

虫歯が神経にまで進行してしまった場合は、従来は抜歯による治療が一般的でした。しかし、抜歯をすることで歯並びが変わってしまうなどの負担が患者様にかかってしまうおそれが懸念でした。そこで、できるだけ歯を残すために行われるのが「根管治療」です。根管治療とは、冒された根管内の神経や血管をキレイに除去し、根管部分の清掃・消毒を施して薬剤を充填した後に、被せ物をする治療をいいます。

根管治療の重要性

根管治療は「歯の基礎治療」ともいわれ、自分の歯を長く使い続けるためには大変重要な治療になります。そして、この治療は肉眼で直接見ることができない部分の治療であるため、高度な技術と豊富な経験が求められます。

当院では拡大鏡などの最新設備を導入し、安心・確実な根管治療を行っています。豊富な実績もありますので、安心してお任せください。

【虫歯でなくても歯がしみることがあります -知覚過敏-】

虫歯でなくても歯がしみることがあります -知覚過敏-

歯がしみたり、痛んだりする場合、虫歯の他に知覚過敏も原因の一つとして考えられます。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が何らかの原因で薄くなって象牙質が露出し、そこに冷たいものなどの刺激によって症状が出る状態のことです。

知覚過敏が起こる原因として考えられるものには、

  • 歯ぎしりなどでエナメル質が削られてしまう
  • 強すぎたり長すぎたりするブラッシングで、エナメル質が削られてしまう
  • 歯周病によって歯ぐきが下がり、エナメル質のない歯根が露出してしまう
  • 酸を含む飲食物を多く摂取することで、エナメル質が溶けてしまう

などがあります。

知覚過敏は治療によって改善できます。症状が続く場合には、我慢せずに早めにご来院ください。

【睡眠時無呼吸症候群とその治療について】

睡眠時無呼吸症候群とその治療について

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が10秒以上停止する状態を何度も繰り返す危険な病気です。これは、睡眠中に顎の筋肉が弛緩して下顎が下がり、舌が気道へ落ち込むことで上気道(空気の通り道)をふさいでしまうことが原因で起こります。

睡眠時無呼吸症候群のおもな症状としては、

  • 大きないびき
  • 日中の強い眠気
  • 集中力の低下
  • 倦怠感(熟睡感がない)
  • 起床時の頭痛

があります。

睡眠時無呼吸症候群は、さまざまな生活習慣病を引き起こすリスクがあるため、きちんと治療しなければなりません。当院では、専門の内科クリニックと提携し睡眠時無呼吸症候群の治療を行っています。当院での噛み合わせの診察と、内科クリニックでの呼吸器系検査の結果から、患者様に合った治療をご提案しますので、睡眠時無呼吸症候群に覚えがある方は、一度お気軽にご相談ください。

【顎関節症】

顎関節症

顎を動かすとカクカクという音がしたり、痛みを感じたりすることはありませんか? このような症状がみられる場合は顎関節症の疑いがあります。顎関節症の症状は、自然に治癒する軽度のものや、悪化して頭痛や肩こり、めまいなどの病気を引き起こす原因にもなるものなど患者様によってまちまちですが、全身への影響が出る前に治療することが大切です。

当院では、以下のような顎関節症治療を行っています。

スプリント療法 透明なマウスピース状の装置「スプリント」を使った治療法。専用のスプリントを装着することで、睡眠中に噛み合わせを整えて顎関節症を改善します。
関節腔ヒアルロン酸注入療法 ヒアルロン酸を注入することで顎関節症の改善を図る治療法。スプリント療法と併用して行い、治療効果を高めます。

顎を動かすときに痛みを感じたら、早めに当院へご相談くだ